基本PCの話。あとゲームやスマホや買った物のレビューなど。

    CPU Core i5 3570K の 温度の話

    CATEGORYPC
    1_20120916235843.jpg

    あー楽しいよー 動画エンコード
    エンコード速いだけじゃなく軽いから エンコードしながら裏で色々やりまくり
    キャプチャーも全然CPU使用率上がらないし 素晴らしい

    と 今回はivy Bridge Intel Core i5 3570K の 温度の話
    多分ivy BridgeのCPUを買おうとして躊躇してる人は結構いると思う
    発売当初から言われてた ダブルグリスバーガーや温度の話などで
    自分もその一人だったし

    ただそれは4.5Ghz以上のOCをする話であって 通常のクロックや電圧なら問題ないと

    しかし たとえ定格運用でも CPU100%のフルロードの状態で使用した場合の温度はどうなのよと
    まさに動画エンコードなどでっていう



    まず自分のPC構成 関係ありそうなパーツだけ

    【CPU】  Intel Core i5 3570K 3.4GHz 6M 77W LGA1155 Ivy Bridge 殻割りなし
    【CPUクーラー】  サイズ グランド鎌クロス リビジョンB SCKC-2100 トップフロー型
    【バックプレート】 サイズ CPUクーラー汎用リテンションキット ユニバーサルリテンションキット3 SCURK-3000 ※ちょい改造あり
    【グリス】 AINEX シルバーグリス AS-05
    【M/B マザボ】   ASUSTek P8H77-V
    【グラボ/VGA】  SAPPHIRE HD6670 1G GDDR5 PCI-E HDMI/DVI-I/DP AMD Radeon HD 6670
    【ケース】  ZALMAN Z9 PLUS

    今回使用した負荷&温度測定ソフト

    OCCT 4.3.1 http://www.ocbase.com/
    HWMonitor 1.20 64-bit http://www.cpuid.com/softwares/hwmonitor.html
    SpeedFan 4.47 http://www.almico.com/speedfan.php

    で 一番上の画像はOCCTを使って5分ほどフルロードさせた時の温度の様子
    ちなみに測定した日の室温は29度

    アイドル時の温度は コア差があるけど大体 30度~40度ちょい
    で負荷時は50度~61度ぐらいと

    これ気温が28度だったらもうちょっと下がる 60度超える事はないかもしれない
    どーよ 問題ないしょう この温度なら

    ただ 「ivyの温度は問題ない さあ買え」って訳ではない



    CPUクーラー グランド鎌クロス & シルバーグリス AS-05を使ってこの温度なのよ
    リテール(CPU付属)のCPUクーラー使えば温度はもっと上がるかもしれない
    個人的にはやっぱり リテールでの使用はオススメできない
    インテル的にはリテールでも問題ないと判断したからそれで売ってるんだろうけど…

    じゃあうちみたいに 大型のトップフローのCPUクーラー使えばいいのかって言われたら そうでもない

    以前のC2Dでサイドフロー型のCPUクーラー刀3を使用してた時
    マザボの温度がすごい気になったのよ つってもPCケースをZ9 PLUSにしてからは30度半ばで問題なかったけど
    ただその前のケースだと40度半ばをうろちょろしてたので 次PC組む時は絶対トップフローにしよう って決めてた
    で 8月自作した時に KABUTO SCKBT-1000か鎌ワロスどっちか買おうと思って鎌ワロスにしたと

    しかし PCケースの冷却っぷりが優秀すぎるんで トップフローだろうがサイドフローだろうがマザボの温度は大差ないかも
    逆に PCケース内部のエアフローを考えるとトップフローよりはサイドフローの方がいいかもしれない
    しかも最近は普通のヒートパイプじゃなく 独自のパイプを使ったCPUクーラーも出てきてる



    つまり

    システム冷却に優秀なPCケース + CPU温度の冷却に優秀なサイドフロー型CPUクーラー + ivy Bridge CPU
    ならオススメできると

    で 今現在それぞれどのパーツが良いかを考えるとー 悔しいけどZALMANセットがコスパ含めて最高だと思う

    ZALMAN ATX ミドルタワーケース Z9 PLUS
    Z9 PLUSに関しては前に記事で書いたように 個人的にコスパ&性能はまったく文句なし
    他所のメーカーがPCケースを12cmファン4個も付けてこの価格で出せるかー?っていう話よ
    下手すりゃファン4個買うよりも安いからなこのケースは ほんと恐ろしい
    ただフロントパネルはUSB3.0がいいとか 側面吸気はしたくないって人なら他のPCケースも考慮したほうがいいかも

    ZALMAN LGA1156/1366/775・SocketAM3/AM2+/AM2用300W対応CPUクーラースペシャル・ヒートパイプ採用モデル CNPS9900-MAXB
    CPUクーラーは 同じZALMANのCNPS9900 MAX
    独自ヒートパイプで効率がいいと評判で今一番売れてる バックプレートやグリスも付いてる
    価格はサイズ製のCPUクーラーに比べ 安いとは言えない5000円前後だが
    うちの場合の グラ鎌+シルバーグリス+バックプレートで5000~6000円なので 性能や付属品考えれば全然アリだと思う
    ただ静音性に関してはうーんみたいなレビューをよく見るのがちょっと気になる
    ファンの大きさ考えればそれほどうるさくないんじゃないかと思うが…
    こればっかりは使ってみないとわかんね 個体差もあるかもだし
    あと付属バックプレートが必須でプッシュピン式ではないので 自作初心者には優しくないかも そんな難しくないとも思うけど

    と こんだけ気使えばi5-3570K i7-3770Kでも 長時間フルロードや多少のOCなら耐えうるんじゃないかと思う



    温度の話ついでに殻割りについて

    殻割りはやろうかどうか悩んでたが やらない方向で決めた

    まず おそらくリキプロぐらい優秀なグリス(というか液体金属)を使わないと効果は薄いと思う

    次にリスクが高すぎる 殻割り時に傷ついて失敗した話は当たり前として
    成功したと思いきや数週間後に突然死という話もある

    その上殻割りした事により改造品扱い 安易に売ろうにも売れない 数度下げるだけにリスクが多すぎる

    元々自分のPC構成のH77マザボじゃOCも出来ないし 定格運用だと上のようにフルロード60度手前ぐらいなんで
    じゃあ殻割りいらねーやと



    簡単にまとめると

    CPUの冷却に自信があるPC構成で 定格もしくは4Ghzちょい超ぐらいのOCだったらivyはいいと思う
    リテールクーラーまま使うのは うーん という

    温度などによるOC耐性は初期のSandy Bridgeには劣ると思うが
    ワットパフォーマンス 省電力っぷりはivyが上だから その点をどう取るかかなー

    CPUクーラー変えれば大体解決すると思うが
    どうしても温度が気になるってなら 今更感な上 初期のより評判が微妙になったSandyにするか
    ivyの次ステッピングを待って様子見するか 来年まで待ってHaswellを様子見するか こんなとこかな



    ※追記
    P8H77-Vと バックプレートと シルバーグリス : へりくつ気味






    Intel CPU Core i5 3570K 3.4GHz 6M LGA1155 Ivy Bridge BX80637I53570K【BOX】Intel CPU Core i5 3570K 3.4GHz 6M LGA1155 Ivy Bridge BX80637I53570K【BOX】

    インテル
    売上ランキング: 1,266

    Amazonで詳しく見る
    関連記事

    COMMENTS

    0 Comments

    There are no comments yet.

    REPLY

    Leave a reply