基本PCの話。あとゲームやスマホや買った物のレビューなど。

    P8H77-V で Virtu MVP 試してみた

    CATEGORYPC
    1_20120822022214.jpg

    Virtuとは ヴァーチェ
    簡単に言うと グラボとCPUの内蔵GPU 作業を分散させて 性能上げたり省エネにしたりするシステム

    Z68とか前のモデルからVirtuはあったけど
    7シリーズではVirtu MVPと MVPが付いてちょっと違ってる
    うちのH77マザボでも出来るので試してみた
    スペックの一部 詳しいPC構成はこっち

    【OS】   Microsoft Windows7 Home Premium 64bit
    【CPU】  Intel Core i5 3570K 3.4GHz 6M 77W LGA1155 Ivy Bridge (Intel HD 4000 graphics)
    【M/B マザボ】   ASUSTek P8H77-V
    【グラボ/VGA】  SAPPHIRE HD6670 1G GDDR5 PCI-E HDMI/DVI-I/DP AMD Radeon HD 6670



    オンボ(内蔵GPU)とグラボ 別々に出力させようとBIOS(UEFI)弄ってたら Virtu MVPとか言うのを発見

    2_20120822023953.jpg

    Virtuの存在自体をすっかり忘れてた

    BIOSでIGD Multi-Monitorを有効にし P8H77-Vの付属ディスクやら ASUS公式のP8H77-Vのページのユーリティーから
    Lucid Virtu Universal MVP Software と LucidLogix Virtu MVP Wizard を適当にダウンロードしてインストール
    適当というか出来るだけ最新の状態になるように

    ついでに グラボ使ってて内蔵GPU HD4000用のドライバーがない場合は
    公式のVGAの項目からIntel Graphics Accelerator Driverも入れとく事
    モニタをオンボにつなげたり bios弄るorグラボ抜いたりでちとめんどいけど


    3_20120822025012.jpg

    全部インストールしてウィザードを起動させるとこんな感じになる
    全部ok貰ったら ウィザードは用無し アンインストールはご自由に
    というか自分の場合は何故かデスクトップにインストールされたんで アンインストール



    で Virtuには二種類の使い方がある i-Mode と d-Mode



    i-Mode とは

    4_20120822030639.jpg

    オンボ マザーボードの方にディスプレイを繋ぐ

    メリット
    基本は内蔵GPUがメインで 必要な時だけグラボを使う形になる 普通にモニタをグラボに繋げて使うよりは省エネになりやすい

    デメリット
    一部のゲームでは落ちやすくなるなど不安定らしい あと設定がめんどくさいかも

    あまりゲームをせず がっつり省エネしたい人にはいいかもしれない



    d-Mode とは

    5_20120822032127.jpg

    グラボの方にディスプレイを繋ぐ

    メリット
    グラボメインで 必要な時だけ内蔵GPUも使う 一部ベンチマークソフトやゲームなどでスコアやFPSがあがる グラボを挿したままQSVも使える

    デメリット
    一部ベンチマークソフトやゲームでは効果がなかったり 逆にスコアやFPS下がったり
    あとやっぱり設定がめんどくさい

    というかDX11には効果があって DX9の古いゲームなどにはあまり効果はないらしい



    6_20120822034200.jpg

    d-ModeでMinecraftのFPSが上がれば良かったんだけど
    試した感じは影modありなしのどちらも変化なし 



    無料のベンチマークソフト 3DMark 11を使って通常とd-Modeを比較



    7_20120822035734.jpg

    Radeon HD 6670のみ 普通のグラボの使い方



    8_20120822040026.jpg

    Radeon HD 6670 + d-Mode

    上がったけども微々たる差というか グラボが良ければd-Modeの効果も比例するらしいけど
    うちの非力なグラボじゃ効果も薄い やっぱ自分のPC構成ではグラボがネックだなー





    そんなグラゲーやる機会もないし QSVも使う予定ない Virtuいらねって事でアンスト
    以前のG31マザボでやってた オンボとグラボの併用を試してみた

    9_20120822041712.jpg

    オンボとグラボ それぞれにディスプレイを繋げる
    BIOSの設定はVirtu使う時とほぼ一緒

    メリット
    予想通り グラフィックドライバーが2個ある状態になり
    デュアルディスプレイでありながらグラボはシングルモニタの動作時のようにアイドル時はダウンクロックが働き グラボの温度が下がった
    グラボ描写の方で行ったベンチマークの結果も グラボのみでデュアルディスプレイ時とスコア変わらず 性能が下がった訳じゃないと
    うまくいったと最初はすごい喜んだ 最初は

    デメリット
    グラフィックを2個併用してるためか 色々なソフトで不具合発生
    CPU-Zではエラーが出たり グラボのメモリの表示がおかしかったり
    別のソフトでは強制終了したりOpenGLがどーのこーの



    喜んでたのもつかの間 不具合多発により結局はグラボのみでのデュアルディスプレイに戻した

    個人的には色々残念な結果になったなぁ
    結局は グラフィック性能欲しかったらグラボ買えって事だな



    関連記事

    COMMENTS

    1 Comments

    There are no comments yet.

    KAZ  

    ありがとう

    仕組みがよくわかりました。有難う!

    2013/05/26 (Sun) 11:25 | EDIT | REPLY |   

    REPLY

    Leave a reply